看護師に必要な資格とは - 看護師のキャリアを考えよう

看護師のキャリアを考えよう > 看護師に必要な資格とは

看護師に必要な資格とは

実際に看護師として医療の現場で働くためには国家試験や各自治体の実施する試験というものに合格すし看護師の資格を得ることが大前提となります。
しかし一言に看護師といっても色んな種類がありますね。
少しここではそれぞれの看護師ごとに求められる資格の概要を振り返りましょう。

まず正看護師になるためには高校を卒業してから専修学校などの「看護師養成所」で3年間学ぶ必要があります。
また他にも看護系学校の4年間、看護系短期大学の3年間も同じプロセスといえるでしょう。
そしてその後に看護師の国家試験に合格する必要があります。
もし今の時点で准看護師の資格を持っている場合はどのようにステップアップできますか。
その場合には、看護師2年課程という進学コースでさらに勉強することができます。
もし高校に行っていないのであれば、准看護師として「3年以上」の業務経験が求められることになります。
人の命に係わる医療の世界で働くわけですから当然のことですが、それだけの年数というものがかかるということをしっかりと覚えておきましょう。

実は「認定看護師」というものも存在しています。
きっと職場で認定看護師へのステップアップを勧められることもあるのではないでしょうか。
認定看護師はまず看護師か、保健師、もしくは助産師の免許を持っていることが求められます。
そしてそれぞれの実務経験が5年以上あり、特定の看護分野で3年の経験を持っていることが求められます。

このように看護師と言ってもそれぞれの種類によって求められる資格というのはかなり異なってきますね。
ぜひ自分がどんな仕事を行いたいのか真剣に考えてみるのはいかがでしょうか。
そうすればきっとその夢を実現するための最短のルートというものが見えてくることでしょう。
このような情報というのは今の時代、インターネットなどでも簡単に見ることができます。
郵送などで取り寄せることができる学校案内などと併せて色々チェックしてみてください。