看護助手とはいったい何か - 看護師のキャリアを考えよう

看護師のキャリアを考えよう > 看護助手とは

看護助手とはいったい何か

皆さんは「看護助手」という仕事を聞いたことがありますか。
なんとか病院で働いているということはイメージできるかもしれませんが、少しここではこの仕事の詳細を考えてみましょう。

看護助手というのは医療とか看護の現場で「看護師のサポート」をする人達のことです。
看護師とか准看護師との大きな違いは資格を持っていないので医療行為に携わることができません。
では一体何をしているのでしょうか。
基本的には入院患者さんの食事の世話や入浴の介助などを行います。
他にも患者さん家族への連絡や備品管理、そして診療の際の誘導を行うことになります。
そのようにして病棟や外来、訪問看護ステーションなどに勤務し医師や看護師がスムーズに働くことができるように行動してくれるのです。

気になる勤務体系というのは基本的にシフト制とか交代制が多いようですね。
正社員というよりも契約やパートとして働く人が殆どです。
ここ最近は特に医療の現場での人手不足が深刻なので求人がとても多い職種であると言えます。

ではこの看護助手として働くために必要なスキルというのはどのようなものなのでしょうか。
特に資格は必要ありませんが、誰かのために役に立ちたいという気持ちや思いやりというものがとても重要になってきます。
もともと医療の現場とか介護の世界に関心を持っている人にはぴったりの仕事であると言えるでしょう。
さらに医療の世界でわずかなミスというものが患者さんの命にかかわってきます。
ですから責任を持って患者さんの世話をすることができます。
またコミュニケーション能力も非常に重要になるでしょう。
それは患者さんとの関係もそうですが、看護師や一緒に働く医師との間にも共通することです。

もし将来的に看護師とか准看護師を目指しているのであればまずは看護助手として医療の世界で働いてみるのはいかがでしょうか。
そのようにしてきっと色んなことを知り、自分の夢をかなえるためのステップや必要なことが分かってくるに違いないからです。