看護師の人間関係を改善する - 看護師のキャリアを考えよう

看護師のキャリアを考えよう > 看護師の人間関係を改善

看護師の人間関係を改善する

看護師の退職理由というのは何か皆さんご存知でしょうか。
こうした調査というのはいつも行われているのですが、断トツの一位は常に「人間関係の悩み」というものです。
でもなんでこうした人間関係がいつもネックになってしまうんでしょうか。

まず一つの要因というのはとにかく女性が多いということが挙げられます。
女性社会の中では少しのことが火種となり、一気にトラブルを抱えることが多いとされています。
ですからそのような環境で精神的に疲れ果ててしまうということも良くあることなのです。
少しでも男性がいるとこうした雰囲気はがらっと変わってきます。
ある意味、空気の読み合いが苦手だったりしてストレートに意見を言う人が多いので職場の雰囲気も落ち着くという訳です。
ではこうした看護師の人間関係にどう対処することができるでしょうか。

一つの方法は夜勤などをうまく利用することです。
最初からあまり人間関係がうまくないと感じる人は積極的に夜勤のシフトにしてみましょう。
夜勤だと関わる人がそもそも非常に少ないですし、空き時間も仮眠などに用いますのでそもそも人間関係がこじれることが少ないのです。
体力的には少しきついとしても、精神的なプレッシャーや人間関係の複雑さよりはそちらの方が良いという方も結構多いのです。

さらに趣味などを使ってリフレッシュに集中することもできるでしょう。
嫌なことがあっても休みの日にそれをリセットできるなら、お互いに優しく接することができますし、くよくよ悩まなくて済みます。
皆さんはそのような趣味というのは何か持っているでしょうか。
少しでもこうしたことを意識して、外に出てみたり新しいことにチャレンジしたりできるでしょうか。
身体を動かすダンスやヨガ、適度な運動というのは看護師のハードな仕事をうまく立ち回るうえでも非常に役に立つでしょう。
また美味しいものを食べるとか、カフェ巡りをするなんていう趣味も良いかもしれませんね。